・・・道に残った車輪の跡・・・

 
 タミヤから新タイガー1が発売になった頃、会長が松江市内の模型店に出没するAFVのスキモノに声を掛けたのが始まりです。最初は3人でしたが、メンバーが6,7人になった頃、「そろそろ会の名前でも決めよう」と言う話が持ち上がり、AFVの会だし
頑張って足跡を残すように!という意味から付けられたのが「轍」(わだち)という名前です。(ちなみに発案者はK会員)

 会の活動としては、毎月開催する例会に加え、1997年10月には、念願の第1回展示会を開催し、その後、隔年で展示会を開催しています。また、1999年からは毎年5月に静岡で開催される合同展示会に参加しています。
 2007年7月の13〜16日には第6回展示会を島根県立美術館のギャラリーで開催し、多くの方に作品を見ていただくことが出来ました。
 最近では会員数も高校生を含め31名を数え、ジャンルを問わず色々な分野に目先を向け、まさに”総合模型クラブ”となっております。(言い過ぎか!?)
 このような「轍」ですが、今後とも末長く宜しくお願いいたします


 「轍」の例会予定をトピックスに掲載しています。興味をもたれた方で、例会を覗いて見たい方、参加してみようかな?と思われた方は、お気軽にご一報ください。会員一同心よりお待ちしております。